読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横持ち表を縦持ち表へ、対話的に即時変換してくれる Microsoft Power BI

 日本マイクロソフトのData Platform Tech Sales Team Blogの8月1日記事、

Power Query で Excel マクロから卒業?! - 列のピボット と ピボット解除 – – Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team Blog

について、私なりの解釈を記しておく。

 なお、ここでの画面のスナップショットは、このブログから拝借したものである。

 無償使用が可能なWindows向けデスクトップアプリPower BI Desktopは、以下のような表(黒須表)に対して、

f:id:hottokei:20160807090208p:plain

たちどころに、レコード形式に調製くれるというものである。

f:id:hottokei:20160807092605p:plain


 このようなソリューション、解決策、対応方法、は、政府統計の総合窓口 e-Stat などの統計表をCSV形式にしたい、というニーズに応えるものかもしれない。

 MSのPower BIで言うところの「ピボット」、「ピボットの解除」。このような変換操作は、データベース、RDBMSの世界では、テーブルの縦持ち横持ち、あるいは、縦持ちテーブル、横持ちテーブルに関する Pivot、Unpivot(ピボットする、アンピボットする)という話題である。

qiita.com

 SQLに関しては、いろいろ記事が多い。

RDBの縦持ちテーブルと横持ちテーブル、およびその変換について · GitHub