読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Parallels上の仮想WindowsにおけるCドライブディスク容量拡大の手順

 MacParallels仮想マシンとして設けているWindowsCドライブディスク容量が足りなくなった(Windows 10アニバーサリーエディションを入れようとしたら、ディスク容量が足りないと文句を言われたため)。そこで、容量拡大を施した。

 通常のDOS/Vマシン上のWindowsであれば、[PC]-[管理]-[コンピュータの管理]-[記憶域]-[ディスクの管理]をいじれば済む話である。ところが、これがMac上に仮想化したWindowsでは手間取ってしまい、かなり行きつ戻りつしてしまった。

 自分の備忘録として、やった手順を、以下に記しておく。

1 前処理

1.1 仮想Windowsの中で、システムのバックアップ

 以降の過程を失敗した場合の保険として、バックアップをまず取るおく。

1.1の補足説明 この手順が面倒ならスキップしても構わない。しかし、以降の過程を失敗した場合の結果は、ご自身で責任を取って下さい。


1.2 Parallels上で作っていた、仮想Windowsのスナップショットを削除

 私の場合、Paralles上で、仮想Windowsのスナップショットを、以前作っていた。

 これを削除する必要があるために、Parallels Desktop コントロール センター の「スナップショットの管理」から、以前作っていたスナップショットを削除をする。

1.2の補足穂説明 既存のスナップショットがあると、2の段階で Parallels から以下の文句を言われてしまう。「1つ以上のスナップショットがあるため、ハードディスクのプロパティを編集できません。 このディスクは1つ以上のスナップショットが歩かそうマシンに属しています。スナップショットを削除してから、やり直して下さい。」


1.3 仮想Windowsをシャットダウンさせ、窓を閉じる(サスペンドする)。


2 本処理

2.1 ParallelsにおけるWindowsに割り当てていたディスク容量を拡大

 Parallels Desktop コントロール センター の Windows 上で「構成」から、[ハードウェア]-[ハードディスク1]を選び、編集ボタンを押す。

 ここで、まず、ParallelsにおけるWindowsのディスクサイズを拡大することができる。


2.2 仮想WindowsのCドライブ容量を拡大

2.2.1 仮想Windowsを起動

 Parallels Desktopコントロールセンターから窓をレジュームし、仮想Windowsを再開する。

 再開した仮想Windowsの Cドライブの容量を確認しても、この時点では、容量は拡大してくれてはいない。

 仮想Windowsで、[PC]-[管理]-[コンピュータの管理]-[記憶域]-[ディスクの管理]を出してみる。そうすると、せっかくParallelsで拡大した分の差分(増分)のことが「回復パーティション」として扱われていることがわかる。この「回復パーティション」を解放してあげる必要がある。

 そこで、Windowsの中でも、以下の2つの手順を踏む。


2.2.2 回復パーティションを削除する。

 「コマンドプロンプト(管理者)」で以下の作業する。

pcmanabu.com
(「ITスキル習得サイト PCまなぶ」さんを参考にしている。お世話になりました、ありがとうございます。 )


2.2.3 Cドライブディスク容量を拡大する。

  [PC]-[管理]-[コンピュータの管理]-[記憶域]-[ディスクの管理]を出してみる。目的とするCドライブの上でマウスを右クリックして「ボリュームの拡張」を呼び出し、上で確保したすき間をCドライブに食わせる形で拡大させる。