読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もはや日本語では情報が入ってこない - 財務リテラシーに関するマスターカード調査

 ベトナムニュースサイト「ベトジョー 」12月31日記事から。

2014年ベトジョー統計記事ランキング

 若者の財務理解力に冠する記事がトップとなりました。ベトナム人は地域でワースト3位とのことですが、読者にとってやはり気になったのは、最下位が日本人だったことでしょう

 そんなことがあったのか?元ネタは、同じくベトジョーによる。

若者の財務理解力、越はアジア太平洋ワースト3位、最下位は日本 (2014/04/21 09:13 JST配信)
 米マスターカードがこのほど発表したアジア太平洋地域の若年層を対象とした「財務リテラシー指数調査」…

 ま、民間調査だから、話半分で見るべきものかもしれないが。それにしても、アジア太平洋の中での日本は…。

 いちおう、一次情報をたぐる。

 ところが、出てくる一次情報は、2011年、2012年のものしか見当たらない。肝心の2014年のものが存在しない。英文サイトなら出てくる。2013年の英文も出てくる。

MasterCard、 第一回「財務リテラシーの指標調査」をアジア/太平洋地域において実施 - 総合ランキングトップはタイの女性 -2011年3月1日

MasterCard調査:アジア/太平洋地域の財務リテラシー指標調査 総合ランキングトップは台湾とニュージーランド - 先進国の消費者は、日常の財務計画に優れる新興市場では、基本的な金銭管理能力において女性が男性を上回る 2012年7月19日

CHINA OVERTAKES HONG KONG WITH THE MOST PROFICIENT INVESTORS IN ASIA/PACIFIC: MASTERCARD INDEX OF FINANCIAL LITERACY
July 03, 2013

http://www.masterintelligence.com/content/intelligence/en/research/press-release/2014/youth-in-asia-pacifics-developing-markets-more-money-savvy.html March 13, 2014

マスターカードの日本語サイト(ニュース編集室 2014年ニュースリリース)には、これに対応する記事がない。)

 いずれの回も、日本は、安定の地域最下位。

 これでは、日本語情報発信しても、日本のマスコミ(昨今の「自分を褒めて病」に罹患している)は取り上げてくれることはないから、マスターカード日本語サイトも、戦略的に訳出してリリースを出すこともなくなってしまったのだろう。

 こうして、耳障りのよくない情報は聞こえなくなり、聞こえのよい情報だけを見聞きするようになってしまうのか、日本は。

 国際比較の調査では、調査方法や調査対象の抽出方法、接近方法の条件がどれだけ揃っているのか、気を付けなければならない。マスターカードの調査方法に関するメタデータを以下に引用(2014年リリースの若者調査から)(赤字は筆者による。)

METHODOLOGY

The Index is based on a survey of consumers from 25 markets across Asia/Pacific, Middle East and Africa (APMEA) and comprises questions covering three major components:

Basic Money Management (50% weight): To determine the level of basic money management skills in terms of budgeting, savings, and responsibility of credit usage.
Financial Planning (30% weight): To assess level of knowledge about financial products, services, and concepts, and ability to plan for long-term financial needs.
Investment (20% weight): To determine basic understanding of the various risks associated with investment, different investment products and skills required.
A Financial Literacy Index Score for each market was calculated out of the weighted sum of the 3 components.

Regional Aggregates are calculated via the average of the individual country components before applying the weights described above.

Interviews for the MasterCard Financial Literacy Index were conducted via internet surveys, personal, telephone and Computer Aided Telephone interviews, with the questionnaire translated to the local language wherever appropriate and necessary.

 調査対象は、ネット調査(モニター制か?)から、電話及びCATIにより行われたという。この時点で、金融商品・サービスがそれほど発達しているとは思えない途上国で、ネット・コンピュータを使った調査について行ける層は…という見方は、もう時代遅れになるのかもしれないが。