読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国勢調査で知る、思ってたより少なかった人口総数 - ミャンマーだけでなく、去年のドイツも。

日経8月31日朝刊記事から。

ミャンマー人口、実は5000万人 31年ぶり国勢調査 推計より1000万人少なく

 ミャンマー移民・人口省は30日、今春に実施した国勢調査の暫定結果を公表した。総人口は約5141万人で国際機関などの従来推計より1千万人以上、少ない水準だった。…

 ミャンマーが前回の国勢調査を実施したのは国軍支配下の1983年で、人口は約3500万人だった。その後、少数民族武装勢力との内戦が激化し調査できない状況が続いていた。2011年の民主化後、武装勢力との停戦交渉が進展し、今年3月から4月にかけ31年ぶりに調査が実施された。北部カチン州などの紛争地帯では戸別調査が実施できず一部は推計値となっている。

 ミャンマーの人口についてはこれまで国際通貨基金IMF)やアジア開発銀行(ADB)が6100万~6400万人程度と推計していた。

 この情報源は、以下から取れる
ミャンマー人口局 → Provisional Results Census 26 August 2014 FINAL
UNFPA Myanmar -- UNFPA Press Release: Myanmar releases population count from census *1

 人口は、思ってたよりも少なかったことが国勢調査で分かる。これは、先進国と思われたドイツでも、去年起きている。

Census reveals German population lower than thought 31 May 2013
Germany Counts Heads and Finds 1.5 Million Fewer Residents Than It Expected By NICHOLAS KULISH and CHRIS COTTRELL Published: May 31, 2013

*1:ミャンマー国勢調査のための構成された国際技術顧問団には、2人の日本人がいる。 UNFPA Myanmar - International Technical Advisory Board